トルコリラ/メキシコペソ円FXブログ-ニュージーランド

ニュージーランドドル(NZドル)円スワップポイントランキング2019年2月18日週

今、高金利通貨と言えば、トルコリラメキシコペソ南アフリカランドです(現在形)。

しかし少し前、高金利通貨と言えば、オーストラリアドル(豪ドル)ニュージーランドドル(NZドル)南アフリカランドでした(過去形)。

それでは、ニュージーランドドル(NZドル)円のスワップポイントは美味しくない過去のものとなったのでしょうか?

否!そんなことはありません!

ニュージーランドは先進国の一員であり、新興国であるトルコ・メキシコ・南アフリカより格付けも高く為替の値動きも安定して推移しています。

スポンサーリンク

利回り・ロスカット

ニュージーランドドル(NZドル)の価格が上がったら売って良し(為替差益)。

そのまま持ち続けても良し(スワップポイント)。

先進国であり為替の値動きも安定しているニュージーランドドル(NZドル)を長期保有と言う観点から見ていきましょう!

現状の為替相場、1ニュージーランドドル=75.0円初期投資金額を75.0万円スワップポイント(スワップ金利)は1日35円と仮定。

ロスカットは証拠金維持率100%で計算した場合、

【1万通貨:レバレッジ1倍】
年間スワップ金額:12,775円

年間利回り:2.00%

ロスカット:0.000円

【3万通貨:レバレッジ3倍】
年間スワップ金額:38,325円

年間利回り:5.11%

ロスカット:52.084円

【5万通貨:レバレッジ5倍】
年間スワップ金額:63,875円

年間利回り:8.52%

ロスカット:62.500円

【6万通貨:レバレッジ6倍】(←おすすめ)
年間スワップ金額:76,650円

年間利回り:12.00%

ロスカット:65.105円

【7万通貨:レバレッジ7倍】(←おすすめ)
年間スワップ金額:89,425円

年間利回り:11.92%

ロスカット:66.965円

【8万通貨:レバレッジ8倍】
年間スワップ金額:102,200円

年間利回り:13.63%

ロスカット:68.360円

【9万通貨:レバレッジ9倍】
年間スワップ金額:114,975円

年間利回り:15.33%

ロスカット:69.445円

イギリスの欧州連合(EU)からの離脱を問う国民投票時の安値が69円15銭くらいです。

つまりニュージーランドドルなら年率(年利回り)15%も現実的です!

(初期投資金額を37万円、4万通貨保有でも年間スワップ金額は年間5万円くらい!)

寝ていても仕事をしていても、お金が”ちゃりんちゃりん”と入ってくる、(ものぐさ)初心者投資家ニーズに答える注目のニュージーランドドル(NZドル)/円スワップポイントをランキング形式で発表していきます!

スポンサーリンク

NZドル円スワップポイントランキング

  1. ヒロセ通商[LION FX]

    FX取引ならヒロセ通商へ

    18日 37円
    19日 35円
    20日 102円
    21日 32円
    22日 33円
    23日 0円
    24日 0円
    合  計:
    239円
    1日平均:
    34円14銭
    取引単位:
    1,000通貨
    スプレッド:
    1.0銭原則固定
    ヒロセ通商が1週間の合計スワップポイント239円、1日平均では34円14銭で第1位に返り咲き!

    さすが高金利通貨と言えばヒロセ通商と言われるだけのことはある!

    オーストラリアドル南アフリカランドでは上位の常連!ニュージーランドドルも常にBest3だ!

    スプレッドは業界最狭!手数料無料で1,000通貨単位で購入可能、必要証拠金も引き下げなどハイスペックなFX会社となり、過去のスワップポイントは高いけど使いにくい会社と言うイメージは払拭できたぞヒロセ通商!

    現在オセアニア祭り開催中でスワップポイントもさらに熱いぜ!

  2. 岡三オンライン[くりっく365]

    岡三オンライン証券_くりっく365

    18日 32円
    19日 31円
    20日 98円
    21日 37円
    22日 40円
    23日 0円
    24日 0円
    合  計:
    238円
    1日平均:
    34円00銭
    取引単位:
    10,000通貨
    スプレッド:
    3.0銭(12月平均)
    岡三オンライン証券…というか、くりっく365勢が1週間の合計スワップポイント238円、1日平均では34円00銭で第2位に後退!

    しかし店頭FXとは違い、安心安全のくりっく365にしては頑張っていると思います。

    東京金融取引所(愛称”くりっく365″)は、金融商品取引法に基づき市場開設の免許を受けた公的な取引所です。

    くりっく365では、東京金融取引所でもFX取扱会社でもスワップ金利で利益を得ていないため、投資家に魅力的なスワップポイントを提供しています。

  3. SBI FXトレード

    SBIFXトレード

    18日 0円
    19日 33円
    20日 33円
    21日 90円
    22日 31円
    23日 33円
    24日 0円
    合  計:
    220円
    1日平均:
    31円42銭
    取引単位:
    1通貨
    スプレッド:
    0.99銭原則固定
    SBI FXトレードが1週間の合計スワップポイント220円、1日平均では31円42銭で第3位に!

    必要証拠金は安く、スワップポイントは高く、ロスカットルールは保証金維持率50%と業界最高水準で初心者に優しい!

    唯一の弱点と言えたホームページが簡単(凝ってなさ)すぎて不安なところも(笑)全面的にリニューアルしてデメリット無し!?

    1通貨から取引可能で少額から取引できる積立FXのは他社にない強力な強味です!(ドルコスト平均法を最大限発揮できるのはSBI FXトレードだけ)

  4. マネーパートナーズFXnano

    外国為替証拠金取引のマネーパートナーズ

    18日 30円
    19日 30円
    20日 90円
    21日 30円
    22日 30円
    23日 0円
    24日 0円
    合  計:
    210円
    1日平均:
    30円00銭
    取引単位:
    100通貨
    スプレッド:
    1.8銭原則固定
    マネーパートナーズの100通貨単位で取引できるコースのパートナーズFXnanoが1週間の合計スワップポイント210円、1日平均では30円00銭で同率の第4位に!

    上記は100通貨単位のパートナーズFXnanoで少ない予算からの積み立てFX投資に最適です♪

    さすが2017年・2018・2019年オリコン日本顧客満足度ランキングFX取引部門、第1位ですね。

    しかもどの高金利通貨でも満遍なくランキング上位にランクインしており、サトウカズオおすすめの口座でもあります。

    頑張れパートナーズFXnano!管理人も(ドル円口座として)利用しているぞ!

  5. トレイダーズ証券[みんなのFX]

    トレイダーズ証券みんなのFXトルコリラ

    18日 30円
    19日 30円
    20日 90円
    21日 30円
    22日 30円
    23日 0円
    24日 0円
    合  計:
    210円
    1日平均:
    30円00銭
    取引単位:
    1,000通貨
    スプレッド:
    1.0銭原則固定
    トレイダーズ証券のみんなのFXが1週間の合計スワップポイント210円、1日平均では30円00銭で仲良く同率の第4位に!

    みんなのFXのトルコリラ円メキシコペソ円スワップポイント比較ランキングは圧倒的なスワップポイントもニュージーランドドル円は小休止か(笑

    しかし31万口座突破と口座数は伸びており、今勢いのあるFX会社さんです。

    みんなのシストレみんなのバイナリーオプションと幅広いFXが楽しめるトレイダーズ証券は要チェックですね♪

  6. トレイダーズ証券[LIGHT FX]

    レイダーズ証券【LIGHT FX】

    18日 30円
    19日 30円
    20日 90円
    21日 30円
    22日 30円
    23日 0円
    24日 0円
    合  計:
    210円
    1日平均:
    30円00銭
    取引単位:
    1,000通貨
    スプレッド:
    1.0銭原則固定
    10月22日からサービスを開始したトレイダーズ証券のLIGHT FXが1週間の合計スワップポイント210円、1日平均では30円00銭で同率の第4位に!

    スワップポイント・スプレッドはトレイダーズ証券みんなのFXとほぼ同じのため、業界一・二を争う高スワップポイント!

    だったらわざわざ口座開設する必要ないのでは?

    いえいえみんなのFX⇒売買専用口座LIGHT FX⇒積み立てFX口座と分けることが出来ます!
    さらに、みんなのFX⇒トルコリラ口座LIGHT FX⇒NZドル口座と通貨別に管理することも♪

  7. DMM.com証券

    DMM FX

    18日 29円
    19日 29円
    20日 29円
    21日 87円
    22日 29円
    23日 0円
    24日 0円
    合  計:
    203円
    1日平均:
    29円00銭
    取引単位:
    10,000通貨
    スプレッド:
    1.2銭12月実績
    DMM.com証券の1週間の合計スワップポイント203円、1日平均29円00銭で第7位に。

    総口座数国内第1位!FX年間取引高世界第2位!さらには国内FX会社最狭スプレッドの称号を手に入れた(サトウカズオ調べ)DMM.com証券!

    うーんニュージーランドドル円取引において隙がない、まさに王者の貫禄!

    豊富な取引ツール、手厚いサポート体制とFX初心者にも安心しておすすめできるFX会社ですね。

    保有しているポジションを決済することなく、スワップポイントのみ受け取る(出金)こともできます♪

  8. GMOクリック証券

    GMOクリック証券

    18日 26円
    19日 30円
    20日 84円
    21日 26円
    22日 29円
    23日 0円
    24日 0円
    合  計:
    195円
    1日平均:
    27円85銭
    取引単位:
    10,000通貨
    スプレッド:
    1.2銭原則固定
    GMOクリック証券の1週間の合計スワップポイント195円、1日平均27円85銭で第8位に。

    FX年間取引高世界第1位!FX預かり資産国内第1位!総口座数国内第2位!と、DMM.com証券と対をなす国内FX会社の雄!それがGMOクリック証券!

    どこかのFX会社の口座を開設するならGMOクリック証券もついでに口座開設しておきましょう!
    ドル円、ユーロ円などの主要通貨ペアはFX業界最狭水準です!

    バイナリーオプションも楽しめなど、安心しておすすめできるFX会社です♪

  9. セントラル短資FX

    セントラル短資FX

    18日 25円
    19日 25円
    20日 25円
    21日 75円
    22日 25円
    23日 0円
    24日 0円
    合  計:
    175円
    1日平均:
    25円00銭
    取引単位:
    1,000通貨
    スプレッド:
    2.0銭原則固定
    セントラル短資FXが1週間の合計スワップポイント175円、1日平均では25円00銭で仲良く同率の第9位に。

    「高金利通貨と言えばセントラル短資FX」で口座開設した人も多いはず。

    ドル/円、ユーロ/円のスプレッドも縮小と、どんどん使いやすいFX会社さんになっています♪

    1,000通貨単位(手数料無料)スワップポイントの決済前の引き出し(出金)可能など高スペック!

    “売買シグナル”を搭載した「みらいチャート」によると今後のニュージーランドドルは…。

    口座開設で無料即加入できるセントラル短資FXクラブオフ会員が意味不明にお得すぎます(笑

  10. インヴァスト証券[トライオートFX]

    トライオートFX

    18日 25円
    19日 25円
    20日 75円
    21日 25円
    22日 25円
    23日 0円
    24日 0円
    合  計:
    175円
    1日平均:
    25円00銭
    取引単位:
    1,000通貨
    スプレッド:
    おおよそ1.7銭12月平均
    インヴァスト証券のトライオートFXが1週間の合計スワップポイント175円、1日平均では25円00銭で同率の第9位に。

    しかし他のFX会社とは違いトライオートFXというFX自動売買システムソフトを使い、初期設定時に2-3分設定するだけで、あとは新規⇒決済⇒新規を自動で売買を繰り返しほったらかし状態に。

    そのためニュージーランドドル上昇時はシステムが自動で新規⇒決済を繰り返しお金を稼ぎ、ニュージーランドドル下落時はスワップポイントで稼ぎながら耐えることが出来ます♪

  11. FXプライムbyGMO

    FXプライムbyGMO[ぱっと見テクニカル]

    18日 20円
    19日 20円
    20日 20円
    21日 80円
    22日 20円
    23日 0円
    24日 0円
    合  計:
    160円
    1日平均:
    22円85銭
    取引単位:
    1,000通貨
    スプレッド:
    2.0銭原則固定
    FXプライムbyGMOが1週間の合計スワップポイント160円、1日平均では22円85銭で第11位に。

    メキシコペソ円南アフリカランドなどの高金利通貨はbest3の常連も、ニュージーランドドルは少し残念な結果に…。
    頑張れFXプライムbyGMO!

    しかしアメリカ雇用統計時やテロなど相場が荒れる場面でも約定率100%を貫き通したのはさすがで、元伊藤忠商事だった意地か高スワップポイントの維持と安定感・継続性が光ります。

    バイナリーオプションも楽しめるよ♪

  12. マネーパートナーズFX

    外国為替証拠金取引のマネーパートナーズ

    18日 23円
    19日 23円
    20日 63円
    21日 21円
    22日 21円
    23日 0円
    24日 0円
    合  計:
    151円
    1日平均:
    21円57銭
    取引単位:
    10,000通貨
    スプレッド:
    1.0銭原則固定
    マネーパートナーズのパートナーズFXが1週間の合計スワップポイント151円、1日平均では21円57銭で最下位に。

    マネーパートナーズは中上級者用の10,000通貨単位のパートナーズFXでも強かった!

    さらにスプレッドの条件は落ちるものの100通貨単位のパートナーズFX nano(スワップポイントは30.00円/1日)というコースもあり、積み立てFX投資に最適です♪

    さすが2017年・2018年オリコン日本顧客満足度ランキングFX取引部門、第1位ですね。

ニュージーランドドルの特徴

名前は聞いたことがあるけど、あまり知られていない国ニュージーランド。

この項ではニュージーランド、及びニュージーランドドルについて説明していきます。

ニュージーランド

面積は、27万534km2で、日本の約4分の3。

人口は約476万人(2017年3月現在)となっています。

政体は立憲君主国。

イギリス連邦王国の加盟国であるため、国家元首はエリザベス二世女王(イギリス女王)となっています。

別名、ニュージーランドを(鳥の)キーウィ。

ニュージーランドドルをキーウィドルと愛称で呼ぶこともあります。

隣国豪州や中国との連動性が高い

ニュージーランドは国が大きくない分、ニュージーランドの経済指標でニュージーランドドルが値動きするというよりかは、経済規模が大きく経済的に強い結びつきの強い隣国オーストラリア

そして輸出・輸入とも1位を誇る貿易相手国である中国の経済指標に影響されることが多いです。

外務省のニュージーランド(New Zealand)基礎データによると、

NZからの輸出
中国(21%),豪州(17%),米国(11%),日本(6%)

NZへの輸入
中国(20%),豪州(12%),米国(11%),日本(7%)

という順位になっています。

まとめるとニュージーランドドルを取引する場合は、

輸出入No.1!中国の経済指標

地域大国で隣国オーストラリアの経済指標

そして世界経済に影響を与えるアメリカの経済指標

に注目して取引することをおすすめします。

(まあスワップポイント狙いの長期運用をするなら、経済指標もさほど気にすることも無いでしょう(笑)

1次産業(酪農業)が主要産業

水産物や肉類、木材や木製品、果実類やワイン、そして有名な乳製品や羊毛品類で、輸出6割以上を占めています。

もともとイギリスを主な貿易相手国とする農産物輸出国として発展してきた経緯があり、今でも1次産業(酪農業)がニュージーランドの主要産業となっています。

ニュージーランドの格付け

世界3大格付け会社であるムーディーズ・S&P・フィッチによるニュージーランドの格付けは、

ムーディーズ
Aaa
見通し:stable (安定的)

S&P
AA
見通し:stable (安定的)

フィッチ・レーティングス
AA
見通し:stable (安定的)

と、日本や中国はもとより、イギリス・フランスよりも高かったりします。

特にムーディーズの評価は高く、最高位の格付けとなっています。

国としての信頼性・安定性が高いと言うことです。

=(イコール)通貨としての信頼性・安定性とは言い切れませんが、≒(ニアイコール)とは言えるのではないでしょうか。

ニュージーランドの政策金利

ニュージーランド準備銀行(中央銀行)は、政策金利を過去最低である1.75%に据え置いています。

それだけインフレ率が抑制されていると言うことです。

同中銀によると利上げ時期は2019年の第3四半期と予想しています。

確かにトルコメキシコ南アフリカに比べれば、随分と低いように感じられます。

しかし…、

一方の日本。

現状こちらも政策金利は-0.10%に据え置きが続いています。

そのためニュージーランドと日本の政策金利の2国間差は、1.85%

日本は異次元金融緩和を絶賛継続中で、異次元金融緩和の出口戦略は語られることは無く、ましてや政策金利の引き上げなど、ずっと先の話でしょう。

当面利上げはもとより異次元金融緩和策の終了の話はありません。

つまり、ニュージーランドドル円のスワップポイント長期運用戦略は有効だと思いませんか?

サトウカズオサトウカズオ

銀行の普通預金金利:0.001%

ニュージーランドドルでは安定的に年利16%以上も十分可能!

まだ銀行にお金預けているの?

Source: トルコリラ/メキシコペソFXブログ

スポンサーリンク
おすすめの記事