JFXMATRIX TRADER

(豪ドル円日足)

この日公開されたRBA議事要旨では「当面は政策調整のための強い根拠は見当たらない」「金利はある時点で引き上げ、引き下げとなるのが妥当」など、市場が懸念したほどハト派的ではなかったことで発表後豪ドルは79円05銭まで上昇。しかし、その後は寧ろ利食い売りなどで78円52銭まで押し戻された。
しかし、米中通商協議への期待もあり下げたところでは買いが入るなど底堅さが確認。
NY市場では原油価格の上昇などもあり資源国通貨が上昇。豪ドルは対ドル対円で買いが入った。
豪ドル円はこの日の高値となる79円36銭まで上昇して引けている。
米中協議への期待の高まりが豪ドルの買いを促しており、目先この流れは継続するとみる。
2月6日のロウRBA総裁発言で下落する前のレベルである79円85銭付近を再度試しに行くと予想される。このレベルはボリンジャーバンドの上限でもあり強いレジスタンスとして意識される。

豪ドル円予想レンジ:79円80銭(BB上限)~78円90銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事