(ユーロ円日足)

東京市場でユーロ円は上値の重い展開で始まり124円77銭まで下落。その後黒田総裁発言で円売りが一気に進むと125円47銭まで上昇。
しかし、欧州市場に入りドイツの2月ZEWが2014年12月以来の水準に低下したことでユーロは押し戻された。
一方、ユンケル委員長はトランプ大統領が欧州車への関税をかけないことを約束していたとの報道からユーロ買い戻しの動きが強まった。
NY市場で株式市場が上昇に転じるとリスクオンの円安も重なりユーロ円は125円54銭まで上昇しほぼ高値圏での引けとなった。
126円付近はボリンジャーバンドの上限や今年の高値レベルでもあり意識される。
上昇トレンドは継続しており、今日のNY株式市場が続投するようなら126円付近を試しに行くとみている。

ユーロ円予想レンジ:125円95銭(2月4日高値)~125円00銭(BB中心)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事