(米ドル円日足)

週明け東京市場では米中貿易協議への期待から日経や上海総合指数が大幅上昇となりリスクオンの動きが広がった。ドル円も先週末のNY終値となる110円40銭付近から110円60銭付近まで上昇。欧州市場でも底堅さを堅持した。
NY市場休場のため動意の乏しい動きが続く中でドル円は小幅ながら底堅い動きが続いた。
今日のNY株式市場は先週末の大幅高による利益確定の売りが入る可能性もあるが、市場全般にリスクオンの動きが最終的に底を上げて終わるとみる。
ドル円はFRBの利上げ打ち止め観測もありドルの上値は抑えられるものの円安圧力が増すことで111円台を再度試す展開を予想する。
110円ミドル下で買いを入れ、111円台に乗せるようなら一先ず利食い売りを出しておきたい

ドル円予想レンジ:111円10銭~110円30銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事