JFXMATRIX TRADER

(豪ドル円日足)

米中貿易協議への期待から上海総合指数が大きく上昇したこともあり豪ドル円は堅調な地合いで始まった。先週NY終値となる78円80銭から79円14銭まで買いが進んだ。
その後も原油価格の上昇などもあり堅調な地合いが続く中でNY時間に79円19銭まで上昇。しかし、ロンドンフィキシングタイムに纏まった売りが入ると78円80銭まで押し戻された。結局、朝から見ると往って来いとなった。
今日はRBA議事要旨が公開されることもあり、発表前には一段の利食い売りが入る可能性がある。
ただ、米中協議合意への期待もあり豪ドル買いの流れに変化はないとみている。
リスクオンの動きもあり豪ドル円は押し目買いスタンスで臨みたい。
ボリンジャーバンドの上限でありフィボナッチ50%戻しとなる79円60銭から今年最高値となる79円85銭は強いレジスタンスとして意識される。

豪ドル円予想レンジ:79円60銭(50%、BB上限)~78円00銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事