JFXMATRIX TRADER

(米ドル円日足)

米中協議が進展したことから市場に安心感が広がり、今週もNY株式市場を中心に世界的な株高がリスクオンの円安を促すと予想。
米経済指標への市場の反応が高まる中で今週発表される米耐久財受注や中古住宅、PMI、景気先行指数などに注目が集まる。
先週の小売売上発表でドル円は111円から110円前半に押し戻された。短期のポジションは大分解消されたとみる。先週末に発表された製造業景気指数や消費者態度指数などが予想を上回った事でドル円は反発。
好材料に今度は反応しやすいことから押し目買いスタンスで臨みたい。
下値目途としてはボリンジャーバンドの中心線が位置する109円80銭付近。その下の109円ミドルは一目の雲の上限がサポートとなっている。

今週のドル円予想レンジ:111円30銭(61.8%)~109円80銭(BB中心)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事