(豪ドル円4時間足)

東京時間に発表された中国1月貿易収支は391.6億ドルと予想の340億ドルを上回った事で豪ドルは上昇。米中協議への期待もあり豪ドル円は78円ミドルから79円24銭まで買いが進んだ。
しかし、NY時間に発表された米小売売上が予想を下回り株価が下落して始まると円買いが進み豪ドル円は78円25銭まで下落。その後も上値の重い展開が続いた。
2月6日のRBA会合で景気見通しが下方修正されたことを受け下落した反動の買い戻しは依然として継続。
一旦は調整的な売りに押されたものの豪ドル円のショートの巻き戻しが押し目では入りやすい。
ただ、昨日の高値となる79円24銭で上値が再度抑えられるようなら買い戻しは一巡とみる。

豪ドル円予想レンジ:79円20銭~78円20銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事