(ポンド米ドル日足)

1.28ミドルで下げ止まったかと思われたポンドだが、欧州市場が始まるとこの日期限となる英国議会離脱修正案の採決を控え再び下落に転じた。採決が否決されるとの見方が伝わったためだ。
結果的にメイ首相がEUと継続協議をするとの採決は反対多数で否決された。
しかし、既に織り込み済みということや法的拘束力がない採決だけに1.2774の安値を付けた後は買い戻しの動きも見られ1.28ドル付近で引けている。
ブレグジット期限が迫る中でポンドは不透明感が漂うものの、ボリンジャーバンドの下限まで下げたことで一先ず売りは一巡した観もある。
再度1.2775付近で下げ止まるようなら短期的に買いを入れてみたい。

ポンドドル予想レンジ:1.2940(38.2%)~1.2780

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事