JFXMATRIX TRADER

情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
PCビュー表示させると、ブログの右側にある「私の投資歴(これまでの道)」が見れます。
----------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

2月14日 木曜日

「 日本株について 」
本日の日経平均株価は、4円安の21139円になりました。
取引開始直後は100円ほどの値幅で乱高下しますが、そこからは小刻みに上下しながら前引け。後場は12時50分に大口買いが入ると急上昇しますが、少しずつ売り込まれて4円安で取引終了。

日経平均 日中足チャート
190214j.png

日経平均 日足チャート
190214j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆2598億円、出来高は13億4517万株。
値上がり銘柄数は1050、値下がり銘柄数は999、変わらずは78銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
22業種が上昇、11業種が下落
上昇率の高い順
石油石炭、パルプ・紙、建設、精密、金属

下落率の高い順
鉱業、ゴム、サービス、海運、証券商品先物

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は108、値下がり銘柄数は108、変わらずは9銘柄でした。
上昇率の高い順
日清紡HD 4.27%高、鹿島建設 4.26%高、大林組 4.20%高、デンカ 3.37%高、王子HD 3.12%高

下落率の高い順
千代田化工建設 8.05%安、太平洋金属 6.96%安、クラレ 5.77%安、サッポロHD 4.13%安、三井造船 3.62%安

〇GDP速報値は市場予想とほぼ一致
2018年10-12月期のGDP速報値は、前期比年率1.4%増となりました。
市場予想とほぼ一致。

〇天井圏を示唆する三川宵の明星は回避
前日に書いていた宵の明星について
----- ここから -----
大陽線の後に窓を空けて「ヒゲの少ないコマ」が出現した時、宵の明星と言います。逆は明けの明星。
翌日に窓を空けて下落すれば、三川宵の明星となり経験則では天井圏を示唆。逆は三川明けの明星で底値圏を示唆。
190213j4.png

但し、本日の足は完全なコマではなく、短めですが陽線でヒゲもあるため完全な宵の明星ではありません。

完全な形ではありませんが、売りを吸収して続伸するのか、三川宵の明星になるのか、どちらにも当てはまらない展開になるのか、明日の相場は面白くなりそうです。
----- ここまで -----

本日の日経平均株価は、4円安の21139円。
大きく下げなかったことで、三川宵の明星は回避。

〇今度は迷いの十字線
投資家の迷いを示す十字線が出現しました。
190214j3.png

米国株は、ポツンとトンカチが出現
〇ポツン と トンカチ
大陽線(前日の372ドル高)から窓を空けて上ヒゲの長いトンカチが出現。190214d3.png

ポツンとトンカチは目先の天井を示唆していることもあり。

日米共に、大幅高で「丸坊主に近い大陽線」が出現した後、窓を空けてポツンと「比較的短い陽線」が出現。
これがクセものです。

このように、需給関係が複雑なので迷いの相場になっていると考えています。
東証1部の売買代金も前日から激減し、僅か2兆2598億円しかない閑散相場になりました。まさに、迷っている証拠です。

米政府機関の再閉鎖回避および米中貿易協議の進展などファンダメンタルズ分析も重要ですが、上記しました需給関係を探るのも重要な時だと思っています。

前日に「勉強できる私の買い付け」を更新しています。
タイトルは・・・ダブルトップからの売り尽くし狙い
Source: 素人投資家の株日記

スポンサーリンク
おすすめの記事