(NZドル円日足)

東京時間に開かれたRBNZ政策会合では現行の政策金利1.75%の据え置きを決定。予想通りではあったが結果発表と同時にNZドルは74円40銭から75円40銭まで一気に上昇。
その後75円36銭まで押し戻されたものの底値は確実に上がったとみてよいだろう。
市場では先週のRBA会合で豪ドル売りが先行したことでNZドルもつられて下落。NZドルショートが溜まっていたとみられ、その買い戻しが入った可能性が高い。
一先ず下落前のレベルである75円90銭付近が意識されるものの、世界的な株価の上昇などからリスクオンの円安が進みやすい地合いとなっている。
ボリンジャーバンドの上限が位置する76円付近からフィボナッチ61.8%戻しの76円20銭付近では一先ず売りを出しておきたい。
上抜けるようなら改めて買いで攻めてみる。

NZドル円予想レンジ: 76円00銭(BB上限)~75円20銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事