JFXMATRIX TRADER

(豪ドル円日足)

先週RBA会合で成長見通しを下方修正したことで大きく下落した豪ドルだが一先ず下げ止まりを見せている。
週明けアジア市場では米中協議への期待の高まりから春節明けの上海総合指数が上昇して始まったことを豪ドル円は好感。77円後半から78円15銭まで買いが進んだ。
その後豪ドルドルで上値が抑えられたことで伸び悩んだものの、豪ドル買いの動きも見られ始めている。
米中貿易協議が今週再開。トランプ大統領は今月中に習近平主席と電話会談を行う可能性を示唆。市場の安心感が広がる中で豪ドルの買い戻しの動きが強まる可能性が高い。
ただ、この上には上値抵抗線がいくつか見られる。
一目の雲の上限をバックにフィボナッチ38.2%戻しの78円40銭、ボリンジャーバンドの中心線が位置する78円50銭、そして50%戻しが78円65銭にある。
これらのレジスタンスを上抜けるようなら下落前の79円ミドル付近まで反発するとみている。

豪ドル円予想レンジ:78円50銭(BB中心)~77円70銭(雲の上限)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事