JFXMATRIX TRADER

(米ドル円日足)

先週末に発表された米12月雇用統計は雇用者数や平均時給が堅調な結果となった。また、ISM製造業も予想を上回るものとなりドル円は109円57銭まで上昇し、そのまま高値圏で引けている。
米中貿易協議も一先ず進展がみられるなかで米企業決算も好調な米経済を示すものとなりNY株式市場に安心感が広がり始めている。
今週もこの流れを継いで一段の円安が進むとみる。ただ、米長期金利の上昇は株価の下振れリスクでもあり一方的な円安も予想しにくい。
一先ず1月3日のフラッシュクラッシュ前のレベル109円ミドルから110円にかけて上値が抑えられそうだ。
ただ、ドルロングはほぼ切らされている可能性があり寧ろ110円を上抜くようならショートスクイズが入るとみている。
110円ミドル付近を上抜くようなら111円ミドルも視野に入る。

今週のドル円予想レンジ:110円40銭(61.8%)~108円50銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事