(米ドルカナダドル日足)

前日のFOMC会合でドルが全面安となりドルカナダは1.3120まで下落した。
その後1.3165まで上昇したものの米長期金利が一層低下したこともありNY市場で1.3125まで押し戻されて引けている。
しかし、FOMC直後の安値1.3120付近はフィボナッチ61.8%戻しでありボリンジャーバンドの中心線が位置しており固いサポートとして意識される。
米雇用統計が予想を上回るとの観測もあり、ドル買い戻しの動きが強まる可能性が高い。
1.32前半での底固めが終わり再び下落前の1.3220付近を試しに行くとみている。

ドルカナダ予想レンジ:1.3220~ 1.3120(61.8%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事