情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
PCビュー表示させると、ブログの右側にある「私の投資歴(これまでの道)」が見れます。
----------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

2月1日 金曜日

米国株について
米国株は15ドル安の24999ドル。
取引開始直後に安値となる172ドル安まで売られますが、お昼ごろには前日値を回復。午後は小安く推移した後、最後の30分で買い戻され15ドル安で取引終了。

米国株 日中足チャート
19020d.png

米国株 日足チャート
190201d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.06%安、ナスダックは1.37%高、S&P500指数は0.86%高。
ハイテク比率の高いナスダックが大きく上昇しました。

〇S&P500指数業種別動向
8業種が上昇、3業種が下落しました。
上昇率の高い順
通信、公益、生活必需品、ヘルスケア、一般消費財

下落率の高い順
素材、金融、情報通信

〇ダウ構成銘柄の動向
19銘柄が上昇、 11銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
ファイザー 2.98%高、キャタピラー 2.34%高、P&G 2.06%高、ベライゾン 1.96%高、シェブロン 1.45%高

下落率の高い順
ダウ・デュポン 9.23%安、ゴールドマン・サックス 2.21%安、ビザ 1.88%安、マイクロソフト 1.83%安、マクドナルド 1.64%安

〇経済指標
・11月の新築住宅販売件数は65万7000戸。
前月の54万4000戸から大幅に増加、市場予想も大きく上回っています。
経済効果が大きい指標なので、買い材料になったはず。

〇循環物色で堅調さを維持
前日の暴騰(434ドル高)による反動売りが先行するも、15ドル安まで戻しました。前日に急騰していた外需関連が売られる一方で内需関連へ資金がシフト。通信、公益、生活必需品、ヘルスケアが上昇率上位に並んでおり、循環物色で堅調さを維持しています。

〇明日は雇用統計
株価に大きく影響する雇用統計の発表です。ダウ平均は昨年10月から12月にかけて24000ドルから26000ドルの間で推移。現在、その中央値となる25000ドルなので、上下どちらにでも動きやすい状況だと思っています。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は25200ドルで、下値は24800ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。
タイトルは・・・ 投資経験の浅い方へ 損切りについて

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」のご説明はhand02[1]こちら
Source: 素人投資家の株日記

スポンサーリンク
おすすめの記事