(米ドル円2時間足)

先週末のWSJ紙の報道でFRBがバランスシートの縮小を早期に実施するのではといった見方がドル売りを促した。週明け東京市場でドル円は売りが先行し109円27銭まで下落。
その後買い戻しの動きが入り109円52銭まで回復したもののNY市場で再び下落。
NY株式市場が中国景気減速懸念から三指数ともに大きく下落して始まったことでドル円はこの日の安値となる109円16銭まで下落した。
その後は株価が下落幅を縮小したことでドル円は109円40銭付近まで上昇したものの全般に上値の重い展開が目立つ。
今日の英国議会での修正案採決や明日から始まる米中貿易協議などイベントリスクがドル円の上値を抑える。ただ、先に悪材料を織り込む格好となればイベント終了後は反発することになる。
押し目買いスタンスで臨みたい。

ドル円予想レンジ:109円80銭~108円90銭(50%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事