JFXMATRIX TRADER

(ポンド米ドル週足)

今週29日火曜日に英国下院でEU離脱修正案の採決が行われる予定で、先週末には合意期待から既にポンドが大きく上昇。週を通してポンドは対ドル対円、そして対ユーロでも買いが強まった。
野党最大の労働党党首ジョン・マクドネル議員は党として正式に支持する考えを示したことも期待を高めている。もし、合意に至らない場合でも離脱時期を延長するとの期待などもポンドの押し上げ要因となった。
週末の欧米市場で上昇が加速し一時1.32ドルを上抜けるなど買いの勢いは止まらずほぼ高値圏での引けとなっている。
1.32ミドルはボリンジャーバンドの上限が位置し、1.33にかけて昨年上値を抑えられたこともあり強いレジスタンスとして意識される。
実際に合意に至るようなら一段の買いが強まる可能性が高い。
もし、合意に至らない場合には失望感の高まりから一気に1.3ドルを割り込む可能性があり注意したい。

今週のポンドドル予想レンジ: 1.3400(50%)~1.2900(BB中心)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事