(ポンド円日足)

昨日はメイ首相が英離脱代替案ではアイルランドの国境問題への対応策の修正を検討する方針を表明。しかし、具体策は見られずポンドが売られる場面もあった。しかし、北アイルランドのDUPとバックストップについて協議するとの報道で上昇。
与野党の一部では3月29日離脱期限を延期するよう求める法案を提出する動きも見られるなど、先行き不透明感は払しょくされなかった。
しかし、1月3日の急落以降買い戻しの動きが継続している。
ここで改めて売り材料が出るとは考えにくく、市場が安定に向かっていることもありポンド円の買いが入りやすい。
ボリンジャーバンドの上限であり半値戻しの142円ミドル付近が次の上値目途となる。

ポンド円予想レンジ:142円50銭(BB上限、50%)~140円90銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事