(米ドル円日足)

東京市場では日経平均株価が軟調な地合いで始まったことでドル円も一時108円38銭まで下落。しかし、欧州市場に入ると米長期金利が上昇しドル円は前日に上値が抑えられていた108円75銭付近を上抜き109円手前まで上昇。
NY市場に入り株式市場が三指数ともに上昇するとリスクオンの円安が進みドル円はこの日の高値となる109円20銭を付けた。
その後英国の不信任投票が否決されたことで安心感が広がるなどリスクオンの動きは今日も継続するとみる。
下値目途としては前日のレジスタンスとなっていた108円75銭付近が意識される。
上値目途はボリンジャーバンドの中心線でもありフィボナッチ50%戻しとなる109円50銭付近。このレベルは3日の急落前の高値レベルでもあり、昨年までのサポートとして意識されていただけに強いレジスタンスとなりそうだ。

ドル円予想レンジ:109円50銭(BB中心、50%)~108円70銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事