スポンサーリンク

FXでは相場の流れに乗ることが大切!〜脱初心者向け概論〜

 

次に、為替(FX)相場の流れについて、解説していきましょう。相場には、流れがあります。相場が一本調子で上昇または下降を続けるときには、明らかな理由が存在します。たとえば、米国が為替政策の転換を発表したとか、通貨危機が起きたというケースです。

 

日本の為替政策も、相場に影響を与える場合があります。2012年11月から2013年1月のわずか2ヶ月の間に、1ドル=70円台から90円台に一気に円安がすすんだことは、まだ記憶に新しいでしょう。

 

場合によっては、1〜2年くらいの間、同じ流れが続きます。この状態を「大相場」といいます。同じ動きが1〜2年も続く機会は数年に一度しかありませんが、こうした大相場は大きく利益を上げるチャンスです。

スポンサーリンク

トレンドが一定期間続くことも年に2、3回は起きる

また、1〜2年は続かなくとも、はっきりしたテーマによって同じトレンドが一定期間続くこともあります。1年間の動きを見ると、そうした小さなトレンドが年に2、3回くらい起きていますし、1ヶ月間の動きを見ても数日間、1日の動きのなかでも数時間ですが、小さいトレンドがあります。トレンドを見つけたら、自分の投資スタイルに合わせて、流れに乗るように心がけましょう。

大相場の場合はテクニカル分析はあまり通用しない

ところで、大きなトレンドが出る際には、テクニカル分析では予測ができない動きになることがあります。繰り返しになりますが、大相場のような場合はテクニカル分析はあまり通用しないことを、覚えておくといいでしょう。

Source: FX常勝方程式国会議員今井雅人〜FX 初心者の口座比較や入門書に〜

スポンサーリンク
おすすめの記事