JFXMATRIX TRADER

(ポンド米ドル日足)

いよいよ本日英国議会でEUからの離脱案の採決が行われる。
バックストップ案を巡り市場は否決の可能性が高いとの見方が広がっているが、実際に否決となれば一時的にポンド売りが強まることになりそうだ。
議会の3開会日以内に代替案が提出されるもののその間にEUと再折衝するとしても難航が予想される。
市場は否決をほぼ織り込んでおりポンドの下値は限定的とみるが、積極的な買いも入れにくい。
ただ、昨日は英保守党のEU離脱強硬派の一部がメイ首相の合意を支持するとの報道もありポンド買いが進んだ。
もし、過半数を獲得するようなら一気にポンド買いが進むことになるが、その可能性は低い。
採決前には一段のポンドショートカバーが入る可能性があり、短期的には戻り売りスタンスで臨みたい。

ポンドドル予想レンジ:1.2930~1.2720(38.2%、BB中心)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事