JFXMATRIX TRADER

(ポンド米ドル日足)

英国のEU離脱案を巡る審議が再開された。その中で北アイルランドのウィルソンDUP報道官は「北アイルランドを巡るバックストップ措置に関する英国の提案は全く無意味であり満足には程遠い」と発言。また、クルツ・オーストリア首相は「ブレグジット協定案が英議会を通過できなければハードブレグジット回避のための選択肢を探らなければならない」「そうなれば離脱期限3月29日の延長を検討しなければならない」などと発言。
メイ首相は「英国は3月29日にEUを離脱する」と発言するなど、ブレグジットを巡り依然として先行き不透明感が漂う。
15日に予定される議会採決で離脱案が否決されるのではといった不安感がポンドの上値を抑える。ただ、否決された場合にメイ首相は3日以内にプランBを議会に提案するように修正動議を賛成多数で可決。
不安は燻るものの目先ポンド買いの動きが強まっている。
ボリンジャーバンドの上限が位置する1.28ドルを上抜けるようなら半値戻しとなる1.2840付近が目先上値の目途とみる。

ポンドドル予想レンジ:1.2840(50%)~1.2730

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事