JFXMATRIX TRADER

(ポンド米ドル日足)

EU離脱期限が迫る中でポンドの買い戻しもほぼ一巡。
昨日のロンドン時間にバークレー英・EU離脱担当相が「議員の何人かは離脱案に対して変更の受け入れをしようとしている」、また「離脱する時期を延長する考えはない」と発言。合意無き離脱へのけん制発言とみられる。
一方、ロワゾー・ヨーロッパ問題担当大臣は「英国への保証に関しては我々はもう何もできることはない」と発言。スラック英首相報道官は15日にEU離脱案の議会採決を行うとしたことから市場の緊張は高まる。
結局ポンドは前日と同様に1.28を上抜けできずに反落するなど、3日の急落の買い戻しもほぼ一巡したとみられる。
先ほど英議会はEUから合意なしで離脱する場合、政府が議会から明確な承認を必要とすることを定めた動議を賛成多数で可決。一先ず合意無き離脱への歯止めが掛かったことから下値も限定的とみる。
下値目途としてはボリンジャーバンドの中心線であり38.2%戻しの1.26ミドル付近が意識される。

ポンドドル予想レンジ:1.2780(BB上限)~ 1.2650(BB中心、38.2%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事