(米ドル円4時間足)

米中貿易協議への期待から株式市場の堅調な地合いが続いている。
東京市場でも日経平均株価が上昇しドル円の買いが強まると109円台を回復。しかし、3日の急落前のレベルでもあり売りが並んだことで押し戻された。
NY市場でも株式市場が大きく上昇し、米国債が売られ金利が上昇。原油価格も上昇したことでリスク回避の動きが後退。しかし、ドル円クロス円全般に上値が抑えられている。
年初の急落への警戒感が依然として燻る中で上値を買っていくのに躊躇している観もある。
ただ、市場のセンチメントが変わり始めていることから何かのきっかけがあれば上値をいずれ試しに行くとみている。
米中次官級協議の結果が市場の失望感に繋がらない限り今週中に110円付近を伺う展開を予想する。
108円前半では買いを入れておきたい。

ドル円予想レンジ:109円30銭(50%)~108円30銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事