(豪ドル円日足)

3日のドル円急落でもっと大きく下落したクロス円の一つが豪ドル円であった。
それまでも売られ過ぎていた観もあるが、その反動の巻き戻しが依然として残る。
目先のロングはかなり解消された可能性があり、谷深ければ山高しの諺通り上昇余地は大きいとみている。
NY株式市場の上昇がみられる中でリスクオンの円売りも重なり豪ドル円の買いは継続。
途転のサインとなるパラボリックも昨日から売りから買いに転じている。
米中次官級貿易協議に対する期待も豪ドルにとっては追い風となる。

豪ドル円予想レンジ:78円50銭(38.2%)~77円30銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事