(米ドル円2時間足)

週明けNY株式市場が続騰したことで市場のセンチメントが変化した可能性が高い。
米長期金利も一時2.7%を回復するなど金利差から見てもドル円の買いが入りやすい状況となっている。
3日の急落で104円後半まで下落したことからドルロングポジションは軽くなっている。
108円付近を底固めしての上昇となることから、今日のNY株式市場の動向次第では109円ミドル付近までの上昇も期待できる。
109円ミドルレベルは下落前の高値レベルであり、110円にかけては売りが並ぶとみている。
ただ、市場は依然不安定でもあり、米中貿易協議への期待が後退するようなニュースには注意が必要だ。
再び108円を割り込む可能性もあることを頭に入れておきたい。

ドル円予想レンジ:109円50銭(61.8%)~108円40銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事