JFXMATRIX TRADER

昨年末も軽く触れましたが、少しポートフォリオをスッキリさせたいと思い、銘柄を整理しました。

今回はその行った売買の概要を記します。

売却した銘柄

投資信託

以前から何度か触れてましたが、iDeCoで銘柄が被っていたニッセイ外国株式インデックスファンドをSBI証券の口座から売却しました。
単純にあちこちに同一銘柄があるのが気持ち悪いので売っただけの話で、このファンドの存在価値をどうこう判断したわけでは無いので、それだけは申し添えておきます。
また、同じ理由で、特定口座は楽天証券に移しましたので、SBI証券の特定口座に残っているひふみプラスとeMAXIS Slim先進国債券も一旦売却しました。
売却益は得られた金額をそのまま楽天証券にて再買付の予定です。
この2銘柄は、そもそもの投資額が少なかったことと、このまま放っておけば永久に放置するであろうこと、そして何より、SBI証券の移管手続きの際、投資信託は1銘柄3000円も取られてしまうことが影響しています。

海外ETF

こちらは、中途半端にVTIとVOOを両持ちしている状況を変えたかったので、VOOを処分しました。
どっちを残すかは悩みましたが、以下の理由でVOOを手放しました。
  • 将来的に配当金再投資をする事
  • 私の投資余力からすると単位あたりVOOの単価が高い事
  • S&P500の定期的な銘柄入れ替えに伴う潜在的なロスがあるかも、という若干の疑心暗鬼
3つ目は、本当に長期に渡ってどうなるかは蓋を開けてみないとわからないですね。
先程の投資信託と違い、米国はしばらくは相場の乱高下が続きますので、定額か、または株数固定で徐々にVTIへの乗り換えをしたいと考えています。
こちらの情報を見る限り、現時点でのVTIのPERは18程度。
そのまま指値でドカンはちと危ないかもしれませんが、まあそこまでひどい割高感もなさそう。
…うーん、難しい所ですね。

今後の予定

最近は個別銘柄ばかり取り上げてますが、本サイトが行ってているのはあくまで積立投資です。
こういうなんとも読めない状況の時こそ、こういう機械的な売買が強いのではないかと、今一度自分に言い聞かせながら淡々と売買を繰り返していきたいですね。

まとめ

少しだけスッキリしたポートフォリオを携え、今年も心機一転投資に邁進したいと思います。
この記事が何かのお役に立てば幸いです。

Source: 積立投資健忘録

スポンサーリンク
おすすめの記事