(カナダドル円時間足)

朝方ドル円の急落によりカナダ円は77円付近まで下落。薄商いでフリーフォール状態となり、安値まで実際の出来高は殆どなかったとみられる。
結果的に一日たったところで下落前のレベル80円30銭付近まで押し戻された。
目先はまだ買い意欲が残るもののカナダドル自体の下落トレンドは継続。
今日のNY市場では米国と同時にカナダの12月雇用統計が発表される。
市場では雇用者数が前月9.41万人増から0.55万人に減少、失業率も5.6%から5.7%に上昇すると予想される。
カナダ雇用市場への警戒感が高まるようなら再びカナダ円は下値を試す展開が予想される。
いずれにしてもここからは積極的な買いは出にくく上値は限定的とみる。

カナダ円予想レンジ:80円60銭~79円00銭(38.2%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事