JFXMATRIX TRADER

(米ドル円週足)

先週末の欧米市場でドル円は上値の重い展開が続いた。
前日のNY株価の上昇を受け各国株式市場は堅調な地合いで推移。しかし、株式市場のボラティリティーの高さへの不安は払しょくできずにリスク回避の円買いが進む中でドル円は110円前半に下落。
NY市場では株式市場が堅調な地合いでスタートしたことでドル円も110円53銭まで上昇。しかし、引けにかけて再びダウが下落しドル円はこの日の安値となる110円15銭まで押し戻された。しかし、25日に付けた安値109円99銭までは届かずに下げ止まった。
今週は日本勢が正月休みで休場となりドル円が狙い撃ちされる可能性もある。
NY株式市場は一先ず落ち着きを見せているものの、大きく崩れるようなときには投機筋が円買いを仕掛ける可能性もあり注意したい。
ただ、110円には日足と週足のボリンジャーバンドの下限が位置しており、109円70銭には雲の上限。そして109円60銭は今年の最高値と最安値の50%戻しでもあり、このサポートを下抜けるのは難しい。
もし、下抜け失敗となればその買い戻しが強まることになる。
週末には米雇用統計を控え、NY株式市場がこれまでの反動から上昇の勢いが強まれば円安が一気に進む可能性もある。
年末越えでは一目の雲のねじれが生じることから相場の転換点になるか注目。

今週のドル円予想レンジ:112円30銭~109円60銭(50%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事