JFXMATRIX TRADER

(米ドル円週足)

トランプ大統領がつなぎ予算案の署名を拒否し政府機関の一部が閉鎖に陥るとの見方からNY株式市場は下落。クリスマス休暇前のポジション調整の売りも加わり大幅安となったことで円買い、ドル買い双方の動きが強まった。
一週間を通してリスク回避の動きが一層強まる中でドル円は110円台まで下落。円高の勢いがドル高を上回っていることから今週は少なくとも上値の重い展開が続くとみてよいだろう。
ただ、クリスマス明けのNY株式市場のセンチメントに注目。過度で悲観的な見方から一転して株価の上昇がみられるようならドル円の買い戻しが強まるとみる。
ただ、米国政府機関が一部閉鎖に陥るなど、株価の回復は一時的なものとなりやすく短期取引に徹したい。
下値目途としては週足ボリンジャーバンドの下限となる110円20銭付近。
もし110円を割り込むようなら景色は一転する。最終的に105円付近を狙った売りが強まる可能性が高い。

今週のドル円予想レンジ:112円60銭~110円20銭(BB下限)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事