情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
PCビュー表示させると、ブログの右側にある「私の投資歴(これまでの道)」が見れます。
----------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
niko.gif 掲示板
楽しく交流できれば幸いです。
他、メールしても私から返事が無い時は連絡用としてもご利用下さい。
----------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

12月20日 木曜日

米国株について
米国株は351ドル安の23323ドル。
前日に続く買戻しで24000ドルまで上昇しますが、FOMCの結果を受けて暴落。高値の24057ドルから、僅か1時間で安値となる23162ドルまで895ドルも売られました。最後の1時間は安値揉み合いのまま351ドル安で取引終了。

米国株 日中足チャート
181220d.png

米国株 日足チャート
181220d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は1.49%安、ナスダックは2.17%安、S&P500指数は1.54%安。
主要3指数が揃って大幅安。

〇S&P500指数業種別動向
上昇した業種はありません。11業種全てが下落しました。
下落率の高い順
一般消費財、情報通信、資本財、通信、素材、ヘルスケア、エネルギー

〇ダウ構成銘柄の動向
1銘柄が上昇、 29銘柄が下落しました。
ベライゾンだけ上昇、0.38%高

下落率の高い順
インテル 4.55%安、アップル 3.12%安、ナイキ 3.06%安、ウォルグリーン 2.90%安、ボーイング 2.59%安

〇FOMCの結果を受けて暴落
市場予想通り、今年4回目の利上げが決定。
2019年の利上げ回数は、これまで示されていた3回から2回に引き下げ。

利上げは想定範囲内
----- 前日に書いていた内容 -----
前回のFOMCで示されていたこともあり、今月の利上げは織込み済み。また、調査会社によると89人中87人が利上げを予想しているようです。但し、S&P500指数でみた場合、大幅下落の状況で利上げしたのは80年以降76回中2回だけ。
----- ここまで -----

指数下落中の利上げは異例ですが、利上げは想定内。また、来年の利上げ回数が3回から2回に引き下げられたことも、景気を見据えた正しい判断だったのではないかと。

それでも売られるのが株式相場。
高値の24057ドルから15分で400ドル急落。そこから15分で200ドル急騰、30分で600ドル暴落となり、僅か1時間で安値となる23162ドルまで895ドルも売られました。

〇急激に戻す可能性あり
今回のFOMCを受けて、景気後退の可能性は少し低下したと考えています。今年が4回で来年が3回でも緩やか、それでも2回まで減らしているのですから「景気次第で臨機応変に」という良いメッセージが送られたと考えています。場合によっては来年の利上げを2回から1回と更に減らしてくるかもしれません。

このように考えると、今の暴落は「行き過ぎ」という印象で、いつ見直し買いが入ってもおかしくないと考えています。テクニカル的にも、直近高値の26000ドルから短期間で10%を超える下げ幅になっている為、割安感と値ごろ感も十分に出ています。ひょっとしたら近いうちに暴騰もありえるのではないかと。相場に期待と楽観視は禁物ですが。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は23700ドルで、下値は23000ドルになると考えています。
Source: 素人投資家の株日記

スポンサーリンク
おすすめの記事