JFXMATRIX TRADER

(米ドル円日足)

東京市場で日経平均株価が下落したことからドル円は112円47銭まで下落したが下げ止まった。しかし、欧州市場に入ると米長期金利が低下したことからドル売りが先行。ドル円はこの日の安値となる112円25銭を付けた。
NY市場に入ると株価の上昇を背景に円売りが先行しドル円は112円63銭まで上昇。その後は上値を抑えられる展開となった。
今日のFOMCでは19年で利上げが打ち止めになるとの見方が多く、既に市場は織り込み始めている。
市場の注目はパウエルFRB議長に集まる。前回11月に中立金利に近づいているとの発言が利上げ打ち止めを示すものなのかを改めて確認することになる。
金利は中立金利に近づいているとの事実を述べただけであれば10月時の発言のように中立金利を超える利上げもあるとの認識が示される可能性も残る。
そうなればドル買いが進みドル円は113円を上回り更なる上昇が見込める。
反対に、金利打ち止め観が出れば一時的に売りが強まるとみるが、既に織り込んでいることから下値は限定的とみる。もし、112円を割り込むようなら111円前半までの下落も視野に入る。

ドル円予想レンジ:113円20銭(BB中心)~112円00銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事