情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
PCビュー表示させると、ブログの右側にある「私の投資歴(これまでの道)」が見れます。
----------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
----------------------------------------
niko.gif twitter
@mm333m 
niko.gifメール
----------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

12月17日 月曜日

米国株について
米国株は496ドル安の24100ドル。
取引開始早々に300ドルほど下落。その後、一旦買い戻されるもお昼にかけて右肩下がりになりました。午後も売り優勢のまま、500ドル近い下げ幅で取引終了。

米国株 日中足チャート
181217d.png

米国株 日足チャート
181217d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は2.02%安、ナスダックは2.26%安、S&P500指数は1.91%安。
3指数揃って大幅安。

〇S&P500指数業種別動向
上昇した業種はありません。11業種全てが下落。
下落率の高い順
ヘルスケア、情報技術、エネルギー、一般消費財、生活必需品

〇ダウ構成銘柄の動向
2銘柄が上昇、 28銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
キャタピラー 0.69%高、P&G 0.16%高

下落率の高い順
ジョンソン&ジョンソン 10.04%安、ウォルグリーン 4.35%安、シスコシステムズ 3.48%安、アップル 3.20%安、マイクロソフト 3.12%安

〇ジョンソン&ジョンソンに大きな悪材料
ベビーパウダーに微量のアスベストが混入していたことを、およそ30年間も隠していたことが分かり大きな売り材料になりました。同社の株価は10.4%と暴落し、1銘柄でダウ平均を101ドル押し下げています。

〇経済指標
・11月の小売売上高は、前月比プラス0.2%になりました。
10月のプラス1.1%から鈍化するも、市場予想は上回っています。

・11月の鉱工業生産は、前月比プラス0.6%になりました。
10月の改定値-0.2%から上昇、市場予想も上回っています。

共に市場予想を上回っていますが、焼け石に水でした。

〇迷いの十字線から大幅安
連日書いています通り、今は需給関係が大きく影響していると考えています。
底打ち感・先高感から買戻しが優勢になる中で、前週末は「迷いの十字線」が出現。そこから大幅安になりました。

----- 前週末に書いていた内容です -----
〇乱高下
3営業日前の大きな戻しから底打ち感・先高感は続いているも、売りも相応に出てきて勢いを妨げています。本日は100ドルから150ドルの間で乱高下。高値では200ドルを超える上げ幅になりますが、午後の安値では54ドル安。最後は買い戻されて70ドル高という荒れた展開。

〇迷いの十字線でも今のところは順調
ローソク足は、上ヒゲと下ヒゲがほぼ同じで、始値と終値もほぼ同じになる「迷いの十字線」が出現。これは投資家の迷いを示すもので、買って良いのか悪いのか、売って良いのか悪いのか。

上記しています通り、底打ち感・先高感は続いていますが、大きな節目となる25000ドルが上値抵抗に。それを突破すれば今度は下値抵抗になりますが、次は500ドルおきに上値抵抗が控えています。同水準まで上昇するごとに、含み損に耐えていた投資家による戻り売り(やれやれの売り)が出てくるはず。この強弱の判断が迷いにつながっていると思いました。

〇今のところは順調。
迷いの相場でも、24500ドル付近で停滞すれば強い下値抵抗を形成(値固め)することになりますから、今のところは順調だと思っています。
----- ここまで -----

これが「迷いの十字線」の怖さ。
迷っているだけに、片方へ力が加わると勢いづくことが少なくありません。
上昇すれば安心感が広がり、買いが買いを呼ぶ展開に。
下落すれば不安が広がり、売りが売りを呼ぶ展開に。
前週末の相場は後者。

〇正念場
前回の大幅戻し(507ドル安あっての34ドル高)では、24000ドルを割り込んだところから大きく買い戻されています。前週末の相場は24100ドル。今回も戻すのか、それとも見切り売りと失望売りが広がってしまうのか。正念場と言えそうです。

〇先読みするのが難しい
大陰線の出現で売り圧力は強いと思われますから、取引時間中の24000ドル割れは想定しておきたいところです。そこから見切り売りと失望売りが広がれば大幅に続落。でも、再び大きく戻せば前回と前々回に続く戻し(下ヒゲの長い足)となり、底打ち感・先高感も再び強まりそう。「2度あることは3度ある」ですが、3度目の正直で今度こそ底打ちする可能性もあり。

迷いの十字線から大陰線となり、投資家心理(AI含む)は不安定になっているはずなので先読みするのが難しい。このような時は、いつも通り「なるようになる」で良し。日本株の銘柄検証などに時間をかけたいと思っています。

〇米国株の下値メドは23500ドル
23500ドルは、今年2月から5月にかけて何度も下値抵抗となった水準です(到達後に買い戻されています)。とても強い下値抵抗になっている為、この付近で下げ止まる可能性は高いと考えています。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は24500ドルで、下値は23500ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・情報に振り回されると大事なポイントを見逃す

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」のご説明はhand02[1]こちら
Source: 素人投資家の株日記

スポンサーリンク
おすすめの記事