(米ドル円日足)

ファーウェイ副会長の保釈や中国が中国製造2025の見通しを検討するなど米中貿易摩擦激化への懸念が後退。また、メイ首相が信任されたことやイタリア予算案修正などを受け株式市場が上昇。
リスクオンの動きが強まりドル円は東京市場から堅調な地合いで推移。
NY市場では株式市場の動きが落ち着きを取り戻しNYダウが上昇したことからドル円は113円70銭まで上昇。堅調な地合いが継続して終了。
市場全般にリスク回避の動きが後退する中でドル円は心理的な節目となる114円を試す展開が予想される。
ただ、来週のFOMC会合ではハト派的な内容が示されるとの見方もありドルの上値は抑えられる。
114円付近では一旦は売りを出しておきたい。

ドル円予想レンジ:114円00銭(BB上限)~113円20銭(BB中心)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事