JFXMATRIX TRADER

press-1182396_960_720

■寄り付き状況
NY市場は、ダウは下げ続いていたため、
そろそろ期待をネタに戻るタイミング。
やはり、ファーウェイCFOの保釈ネタや、
中国が産業の高度化を目指す計画
「中国製造(メイド・イン・チャイナ)2025」を見直すなど、
米中貿易交渉の進展への期待を誘う報道で戻りを試す展開に。
しかし、ダウ平均は一時400ドルを超える場面があったが、
買いは続かず、上げ幅は150ドルほどに縮小して終えた。
悪材料にはしっかり反応し、
期待ネタは新鮮味がなくなり反応も鈍くなっている。

日経平均始値は前日比152円38銭高の2万1755円13銭と続伸。
米株高を受け買いが先行したが、
買い一巡後は伸び悩み。

■個別材料
日立(6501)送配電8000億円買収、スイスABBの部門
パナソニック(6752)家電定額利用、視聴データなど収集
パナソニック(6752)住宅設備の海外売上高1000億円に、30年度目標
三菱重(7011)のボーイング機生産、MRJ製造と統合検討 
日本粉(2001)アジアで唐揚げ粉増産
小田急(9007)最適移動手段検索アプリ
伊藤園(2593)緑茶ブーム、初の海外一貫生産、豪にティーバッグ工場

■決算情報 
ニトリHD(9843)3~11月営業益1割増
東京ドーム(9681)2~10月最終18%減益
 
■決算発表予定銘柄 
クスリのアオキH (3549)
ヤーマン (6630)
ラクスル (4384)
オハラ (5218)
GA TECH (3491)
丸善CHIH (3159)
稲葉製作所 (3421)
トーエル (3361)
3Dマトリックス (7777)
など全23社
有料会員入会のご案内


Source: 株式投資特選情報~兜町天気予報~

スポンサーリンク
おすすめの記事