(米ドル円日足)

ファーウェイ副会長の保釈や、中国製造2025の見直し検討との報道などから米中貿易摩擦の懸念が後退。また、イタリア予算が対GDP比で2.04%まで引き下げられたことやメイ英首相が信任されるなど、市場の不安感が後退。
世界的に株高が進むとリスクオンの円安が強まった。一方で、ユーロやポンドの上昇がドル安を促したことでドル円は113円前半からミドルでの狭いレンジ内での動きが続いている。
市場全般にリスクオンムードが漂う中で今日も株式市場で軽佻な地合いが継続されるようならドル円は114円を伺う展開が予想される。ただ、米中問題や欧州問題などの火種が依然として燻っていることから予断を許さない状況に変わりはない。
一目の雲の上昇トレンドは継続しており113円付近では押し目買いを入れておきたい。

ドル円予想レンジ:113円90銭(BB上限)~113円00銭(先行1、転換線)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事