JFXMATRIX TRADER

(ポンド米ドル日足)

ブレグジットを巡って混乱は収まらずポンドの下落は一段と加速している。
11日に予定されていた議会による離脱協定案採決は延期となったことでメイ首相の立場が危うくなった。
ロンドン時間にアイルランド外相が「EUがバックストップ条項について何かしらの声明を出す可能性はある」と発言したことでポンドのショートポジションの巻き戻しがみられた。しかし、ユンケル欧州委員長は「現在の英EU離脱協定案が唯一の合意案」と発言。また、ドイツEU報道官の「メイ首相、離脱に対する交渉を期待してはいけない」などの発言から買い戻しは一時的となった。
NY時間には英与党保守党議員らがメイ首相の不信任投票に十分な48通の書簡を送付したとの報道からポンド売りが再開。その後十分書簡は集まっていないとの否定報道も見られたがポンドの下げは止まらなかった。
メイ政権の混迷とともにブレグジットは合意無き離脱の可能性もありポンド安の歯止めがみられない。
一時的なショートカバーが入った時は戻り売りのチャンスとなる。

ポンドドル予想レンジ: 1.2530~1.2370

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事