press-1182396_960_720

■寄り付き状況
NY市場は、ダウは一時500ドル安まで下げたが、
アップルなど主力株の一角が持ち直し、投資家心理が改善。
前週末までの3日続落で1400ドルあまり下落していることから、
短期的な戻りを期待した買いが相場を支えた。

しかし、米中の貿易摩擦や中国景気悪化からの世界景気減速を警戒する展開は続き、
上値は重く、ファーウェイCFOの保釈を巡る聴聞会の結果を見極めたいとの雰囲気も根強かった。

日経平均始値は前日比53円54銭高の2万1273円04銭と反発して始まった。
米株がいったん下げ止まったことや、
為替が¥113台前半に下落。
目先リバウンドを期待した買いが先行したが、
中国関連株などが売られ、マイナスに転換。
一向に解決しない米中貿易戦争。
中国景気悪化が世界景気にじわじわと広がっているなか、
戻り待ち売りが重荷となっている。

■個別材料
ソフトバンク通信子会社の公開価格、1500円に決まる
日産自(7201)も起訴、ゴーン元会長ら再逮捕 
日産自(7201)不記載報酬を一括処理、今期決算で計上へ
クボタ(6326)インドに新工場、トラクター生産
日新製鋼(5413)新日鉄住金(5401)による完全子会社化を総会で承認
イオン(8267)有機食品に出資、仏の専門店、数年後、国内50店
HIS(9603)の沢田社長、ネット銀に意欲、旅行・ホテル決済に活用
ファナック(6954)2019年3月期末、配当500円検討、減益予想も株主重視
ケンコーマヨ(2915)20年3月期にも増配、配当性向20%目安
田淵電(6624)今期債務超過解消見通し、再生計画が確定

■決算情報 
ミヨシ(4404)18年12月期の営業利益は一転減益へ
日本エスコン(8892)18年12月期末14円増配、年32円配
三井ハイテク(6966)19年1月期の純利益84%減に下方修正
 
■決算発表予定銘柄 
HIS (9603)
シーイーシー (9692)
ジャパンミート (3539)
トーホー (8142)
アスカネット (2438)
きんえい (9636)
イムラ封筒 (3955)
丸千代山岡家 (3399)
トランザス (6696)
TBCSCAT (3974)
有料会員入会のご案内


Source: 株式投資特選情報~兜町天気予報~

スポンサーリンク
おすすめの記事