情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
PCビュー表示させると、ブログの右側にある「私の投資歴(これまでの道)」が見れます。
----------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
----------------------------------------
niko.gif twitter
@mm333m 
niko.gifメール
----------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

12月11日 火曜日

米国株について
米国株は34ドル高の24423ドル。
前日の勢いある売りが止まらず、午前中の安値では507ドル安まで売られますが、午後に入ると右肩上がりになって34ドル高で取引終了。

米国株 日中足チャート
181211d.png

米国株 日足チャート
181211d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.14%高、ナスダックは0.74%高、S&P500指数は0.18%高。
主要3指数が揃って反発。ハイテク比率の高いナスダックは他2指数より大きく上昇しています。

〇S&P500指数業種別動向
8業種が上昇、3業種が下落しました。
上昇率の高い順
情報技術、通信、ヘルスケア、公益、素材

下落率の高い順
エネルギー、金融、不動産

〇ダウ構成銘柄の動向
16銘柄が上昇、 14銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
マイクロソフト 2.64%高、インテル 2.10%高、IBM 1.50%高、ファイザー 1.09%高、ベライゾン 1.02%高

下落率の高い順
JPモルガン・チェース 1.87%安、エクソンモービル 1.42%安、ナイキ 1.13%安、ユナイテッドヘルス 0.98%安、アメリカン・エキスプレス 0.83%安

〇セリングクライマックスかな
507ドル安あっての34ドル高。
セリングクライマックスとは、異常ともいえる売りが出続けた時のことを示す用語で「売りの出尽くし、大底」です。もちろん、これは経験則であり必ず反転するとは限りません。

2日前にも同じような事が起こっています。
----- 書いていた内容 -----
本日の相場では、警戒、恐怖といったパニック的な売りに加えてAIによる機械的なロスカットも多発した印象。更に、その後で急激に戻していますから(785ドル安から79ドル安まで706ドルの戻し)、セリングクライマックスを感じさせる展開でした。
----- ここまで -----

その翌日(前日)は558ドル安となり、一転弱含む展開に。但し、前日に書いていました通り、押し目買いが入り易い状況でもありました。
----- 書いていた内容 -----
前日の「下ヒゲの長い足(大きな戻し)」から一転、大陰線になりました。前日の安値付近まで売り込まれてしまう「往って来い」は強い売り圧力を示すもので嫌気する投資家が増えそう。機械的に判断するAIも売りと判断するかもしれません。

但し、「下ヒゲの長い足(大きな戻し)」から大陰線となったように、今度は逆に買い戻される可能性もあると考えています。安値となった24250ドル付近は10月に入ってからの下値抵抗となっている為、この付近で再び強い押し目買いが入るかもしれません。また、3営業日で1500ドルほど暴落しているので買いも入り易い。
----- ここまで -----

本日の相場は、安値で23881ドルまで売られますが、そこから右肩上がりになって34ドル高で取引終了。特大の下ヒゲになっており、前回以上のセリングクライマックス的な動きになりました。

取引時間中の安値でみると直近高値から僅か4営業日で2000ドルも下落、また24000ドルという大きな節目も一旦下抜けたことから多くの売りを吸収したと判断(売り圧力の低下)、セリングクライマックスは経験則であり必ず反転するとは限りませんが、先高感と底打ち感高まる状況だと感じました。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は24950ドルで、下値は24000ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・長 ~ い滑り台も いつかは終わる

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」のご説明はhand02[1]こちら
Source: 素人投資家の株日記

スポンサーリンク
おすすめの記事