JFXMATRIX TRADER

先週金曜日に発表されましたアメリカ最大の指標
雇用統計
皆さん結果はいかがでしたか?
バイナリーオプションだけでなく、為替取引をやっている人全員にとって非常に重要な指標ですので分からないって言うのは勿体ないです。
こういった取引もあるということを知っておくのも大事ですよ。
今回は私の取引の結果と共にどんな指標内容になっていたかを説明します。

f:id:mayumi_binarydays:20181122141552p:plain

↓↓この記事が良いと思ったらクリックお願いします♪↓↓

↓↓この記事が良いと思ったらクリックお願いします♪↓↓
にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ

 

雇用統計はどのような動きだったか

先週金曜日の22:30に発表されました雇用統計、どのような結果になったでしょうか。
雇用統計は主に
・非農業部門雇用者数
・失業率
・平均時給
この指標から成り立っています。
※細かくすればもっと色々と出てくるんですけどあくまでも大まかなものとして出しています。
非農業部門雇用者数
前回+25.0万人 予測+20.0万人 結果+16.1万人
失業率
前回3.7% 予測3.7% 結果3.7%
平均時給[前月比/前年比] 
前月比前回+0.3% 予測+0.3% 結果+0.2%
前年比前回+3.1% 予測+3.1% 結果+3.1%

このようになっていました。
非農業部門雇用者数、それと平均時給が前回よりも下がってしまっているのが分かると思います。
またその時の為替相場の下がり方なのですが、このようになっていました。

f:id:mayumi_binarydays:20181210144250j:plain
思いっきり下がってしまっているのが分かるかと思います。
この予測が出来ていないと大失敗となってしまうんです。
指標の読み方はともかくとして、皆さん結果はどうでしたかね?
私は見事いい結果になりました!

f:id:mayumi_binarydays:20181210152731j:plainf:id:mayumi_binarydays:20181210152754j:plain

雇用統計の結果から読み取れるもの

雇用統計の結果、非農業部門雇用者数平均時給落ちていることは先ほどの所でも読み取れたと思います。
この数値が落ちているという事は、アメリカでは雇用状況が悪いという事、つまりその分のアメリカの労働における製造などの生産率が低下するという事に繋がってきてしまいます。

f:id:mayumi_binarydays:20181127141242p:plain

生産率の低下は非常に重要なものとなっており、そこから間接的に関わってくる指標にも多大な影響を与える可能性があります。
とはいえ、あくまでもこの指標だけの数値ですのでこれが全てというわけではありません。
今後の様々な指標の結果などで、さらに分かってくるものも多いですからね。
また、今後もイギリスの雇用統計や、ユーロの政策金利アメリカの消費者物価指数政策金利など注目となっている指標が沢山あります。
チャンスは逃さないようにしておきましょう!!

まとめ

あくまでもこの雇用統計という指標から分かる部分、その中でも一部分に関してだけの話をしましたが、このように1個の指標でも色々と分かってくるものがあります。
この読み取り方をファンダメンタルズ分析というのですが、多少なりとも参考にはなりましたか?

f:id:mayumi_binarydays:20181020143649p:plain
MT4を使ったりするテクニカル分析に関してはまた今度書いていきたいと思います。
読み取り方一つでも色々な考え方読み解き方が有りますので難しく思われがちですが、こういった考え方は難しいというよりも覚えることが多いというだけですので、1からしっかりと覚えれば意外とすんなりと覚えられたりします。
もしバイナリーをやっていて思うような結果が出せていない、取引をしていてもどうしても勝てないという事が有りましたら一度ご連絡下さい。
私に分かる範囲で教えていけたらと思います。
勿論のことですけど、教える上でお金など一切頂くことはありませんのでご安心ください。
どうして勝てていないのかなども含めてお教えしますよ!

連絡先は
LINE ID 『79mayumi79

です!
ではご連絡お待ちしております!!

 

Source: バイナリーオプション日記~まゆみの投資ブログ~

スポンサーリンク
おすすめの記事