JFXMATRIX TRADER

(米ドル円日足)

東京時間にファーウェイ副会長の逮捕の報道が伝わると日経や中国の株式市場は下落幅を拡大。ドル円は113円を割り込み112円59銭まで下落した。その後は買い戻しが入ったものの米長期金利の低下に伴いドル売りの動きがドル円を押し下げた。
休み明けのNY市場では米中関係悪化への懸念が広がる中でNYダウが一時800ドル近い下落。ドル円は一目の雲の下限やボリンジャーバンドの下限、そして三角保ち合いの下限も下抜け112円24銭まで下落した。
その後WSJ紙が「12月の利上げでFRBは利上げ局面を休止し様子見モードに入ることを検討する」との報道で米長期金利が低下。株式市場も一気に下げ幅を縮小。するとドル円も112円76銭まで回復。しかし、相場の乱高下が続く中でリスク回避の動きは続くとみてよいだろう。
途転サインのパラボリックは売りに転じており買いを入れるのは慎重にしたい。
週末ということもあり113円台に戻す可能性が高く、戻り売りスタンスで臨みたい。

ドル円予想レンジ:113円10銭~112円35銭(BB下限)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事