(ポンド円日足)

東京市場でポンド円は日経平均株価下落の動きから円買いが進み一時143円96銭まで下落。
しかし、ロンドン時間に欧州司法裁判所が「英国は欧州離脱手続き決定を一方的に撤回できる権利がある」との判断を下したことでポンドは上昇。144円76銭まで買いが進んだ。
しかし、その後英首相報道官が「英政府は離脱手続きを定めたEU基本条約50条の発動撤回はしない」とのコメントを発表するとポンドは一転して下落。
NY株式市場の下落幅が加速するとポンド円は142円84銭まで下落した。
10月26日に142円78銭を付けたレベルとほぼ同レベルであり反発。
11日の英議会採決まではまだ時間があり、それまではこのレベルを下抜けするのは難しいとみる。
結果的にダブルボトムを形成する可能性もあり142円台では買いを入れてみる。

ポンド円予想レンジ:144円00銭(38.2%)~142円80銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事