JFXMATRIX TRADER

(豪ドル円日足)

米中首脳会談では来年1月の追加関税が見送りとなったことから週明けシドニー市場で豪ドルは対ドル対円ともに大きく上昇。
先週終値の82円95銭から一気に83円90銭まで一円近く上昇して始まった。
しかし、薄商いの中の上昇ということもありその後は窓を埋める動きが強まり83円ミドル付近まで押し戻された。
欧州市場ではユーロ豪ドルの売りも強まりNY市場では83円85銭まで上昇。しかし、シドニー市場での高値が意識され再び83円50銭まで押し戻されている。
一先ず米中貿易協議は90日間の猶予期間が与えられたことから、その間はリスクオンの円安と同時にリスク通貨に買いが入りやすい状況となっている。
本日開かれるRBA政策会合では利上げに対して少しでも前向きな声明文が入るようなら一段の買いを呼び込むことになりそうだ。
一時的に下押しが入るようなら買いを入れていきたい。

豪ドル円予想レンジ: 84円50銭~83円30銭(61.8%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事