JFXMATRIX TRADER

(米ドル円2時間足)

1日に行われた米中首脳会談では追加関税が見送られたことから週明け東京市場でドル円は一時113円82銭まで上昇。しかし、貿易摩擦への懸念が完全に払しょくされたわけではないことからその後は下落に転じた。欧州市場に入ると米長期金利の低下もありドル円は一時113円38銭まで下落。
しかし、欧州株式市場の上昇などから円売りが強まった。
NY市場でも米中会談の結果を受け株式市場は三指数ともに大きく上昇。また、原油価格もカタールのOPEC脱退やロシアの減産などの動きから大きく上昇しリスクオンの動きが先行。
ドル円はじり高となり113円70銭まで上昇して引けている。
円安が進み米長期金利の低下によるドル売りも強まる中でドル円は依然として膠着状態が続いている。
ただ、NY株高が進む中でFRBの金融政策に変化がみられる可能性もあり、金利低下によるドル安もそろそろ終了に近いとみる。
ドル円は113円ミドルから前半の底値を固めながら114円台を目指す展開を予想する。

ドル円予想レンジ:114円00銭~113円40銭(38.2%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事