press-1182396_960_720

■寄り付き状況
NY市場は、米中首脳会談で貿易交渉は合意に至らなかったが、
交渉を続ける間は米政府が中国製品への新たな関税を見送るとのことから、
午後にかけて買いが優勢になった。

米国による中国への追加関税の発動は90日猶予することで合意した。
90日後のシナリオは白紙で、
まだしばらくは貿易戦争ネタで相場は動かされそうだ。

日経平均始値は前週末比278円33銭高の2万2629円39銭と続伸。
貿易戦争激化がいったん休戦となったことで買いが優勢に。
貿易戦争の激化への懸念が後退したが、
まだまだ90日間はこのネタで引っ張られることになり、
トランプ大統領の言動で相場は左右されそうだ。

■個別材料
セブン&アイ(3382)都内1000店コンビニの灰皿撤去へ、加盟店に要請
日産自(7201)・ルノー連合の今後、首相「政府関与せず」仏大統領と会談
ソフトバンク(9984)通信子会社上場、最大2.6兆円調達 
スルガ銀(8358)不適切融資で117人を処分 
日本取引所(8697)清田CEOの報酬減額「規則の理解、不十分」
アイロムG(2372)iPS細胞など培養技術提供
森永乳(2264)「ピノ」「パルム」値上げ
トヨタ(7203)次世代車みすえ組織改革、要職に2300人から登用

■決算発表予定銘柄 
モロゾフ (2217)
伊藤園 (2593)
ロックフィールド (2910)
ティーライフ (3172)
ゼネラルパッカー (6267)
ピープル (7865)
ピジョン (7956)
アマガサ (3070)
有料会員入会のご案内


Source: 株式投資特選情報~兜町天気予報~

スポンサーリンク
おすすめの記事