(米ドル円日足)

週明け東京市場では先週末のNY株式市場が軟調な地合いで引けたことからドル円は上値の重い展開が予想された。
しかし、日経平均株価が上昇に転じるとドル円も底堅い動きでスタート。
その後イタリア予算案への懸念が後退したことでクロス円全般に買いが入ると円は全面安。ドル円は113円35銭まで上昇。
連休明けのNY市場では株式市場が三指数ともに大幅反発となったことで債券売りが先行。長期金利が上昇したことでドル買いも進みドル円はこの日の高値113円65銭を付けて引けている。
米国感謝祭前の下落に対する買い戻しの動きが先行したことで一先ず目先はリスクオンの動きが継続するとみる。
途転のタイミングを示すパラボリックが114円に位置しており一旦はこのレベルでは売りを出しておきたい。

ドル円予想レンジ:114円00銭(パラボリック)~113円20銭(BB中心)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事