JFXMATRIX TRADER

(ポンド円日足)

先週末のポンド円は軟調な地合いで推移。
25日の臨時EU首脳会議で英国離脱案について正式合意が期待される中でポンド売りが先行。英国領ジブラルタルを巡りスペインが離脱反対の姿勢を強めたことが上値を抑えた。
ただ、スペイン1国が反対に回ったとしても合意への影響はなく最終的に合意に至ればポンド買いに反応するとみる。ただ、メイ首相の信任案や議会の混乱など国内問題などへの懸念が上値を抑える。
テクニカル的にみるとボリンジャーバンドの中心線で上値が抑えられ雲の下限付近で下げ止まった。
協議が合意に至れば再び上昇に転じ雲の上限を目指す展開が予想される。
合意に至らなかったとしても今後も交渉が継続されることから下値も限定的。
10月26日に付けた安値142円77銭からボリンジャーバンドの下限が位置する142円50銭付近にかけて強いサポートとして意識される。
このレベルでは押し目買いを入れていきたい。

今週のポンド円予想レンジ:147円40銭(61.8%)~142円50銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事