情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
---------------------------------------------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
---------------------------------------------------------------------------
niko.gif twitter
@mm333m 
niko.gif メール
---------------------------------------------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に更新しております。

11月22日 木曜日

お知らせメールアドレスが「hono」で始まる伊藤様
お時間のある時に一度ご連絡いただけると助かります。

「 日本株について 」
本日の日経平均株価は、前日比139円高の21646円になりました。
米国株の暴落ストップと円安を受けて10時頃には160円高まで上昇しますが、その直後から大口売りが連発すると急落して3円安で前引け。後場は再び買い戻されて前場の高値を更新、最後に少し売られましたが139円高で取引終了。

日経平均 日中足チャート
181122j.png

日経平均 日足チャート
181122j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆810億円、売買高は12億162万株。
値上がり銘柄数は1451、値下がり銘柄数は580、変わらずは81銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
27業種が上昇、6業種が下落
上昇率の高い順
水産・農林、陸運、食料品、サービス、建設

下落率の高い順
鉱業、海運、鉄鋼、銀行、非鉄金属

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は139、値下がり銘柄数は81、変わらずは5銘柄でした。
上昇率の高い順
サッポロHD 7.01%高、ユニー・ファミリーマートHD 5.24%高、東京建物 4.10%高、高島屋 3.83%高、資生堂 3.67%高

下落率の高い順
太平洋金属 4.11%安、IHI 3.43%安、東海カーボン 3.32%安、日揮 3.24%安、安川電機 2.75%安

〇米国株の暴落ストップが買い材料
米国株の後半失速は嫌気されたと思いますが、暴落がストップしたことは買い材料になったと考えています。但し、ストップしただけで底打ちするとは限りません。

〇円安も買い材料に
1ドル113円台に乗せました。前日比で円安となり株買い材料になりました。
とくに自動車株が買われ、いすゞ以外は全て上昇しています。

〇後場は大口売りが出ず上昇基調
前場は大きく買われた後の大口売り連発でマイナスに転じましたが、後場は大口売りが出ることなく右肩上がり。但し、「大口売りを警戒するように」そして「足元を確かめるように」少しずつ買われていった印象。分足を見ていると、投資家心理が伝わってきました。

〇3連休前で手控える投資家とAI が多かった
明日から3連休、リスクを回避するため手控える投資家とAI が多くなりました。東証1部の売買代金は2兆810億円しかなく、超のつく閑散相場。

〇利益確定(売り時)逃しで悩んでいらっしゃる方へ
失敗しやすい2つのパターンを無くせば、利益確定できる回数が少し増えるかもしれません。
1、目標株価が高過ぎる
利益は多く得たいものですが、いつも「あと少し」のところで下落していくようなら目標株価が高過ぎるかもしれません。
自分が1000円で売りたいと思っても、大勢が980円で売りたいと思っていれば1000円には届きません。仮に1000円の株価で10万円を投資したとします。1100円になれば1割上昇で1万円の利益ですが、納得できず1500円に設定するとなかなか売れないと思います。株に絶対は無いので売れるかもしれませんが、普通に考えると買値から5割上昇を狙う投資を繰り返すのは難しい。

3000円の株価ならこんな感じです。
181122j3

3000円で買い付け。
1割上昇したところで利益確定を狙い、3300円で設定。
しかし、その手前で反転すると下落基調になってしまい買値を割り込んでしまった。
1割目標は無難ですが、大勢はその手前で売り出してきたのです。

株式投資では自分の考えだけを反映しがちですが、大勢の考えを踏まえた目標株価にすることが大切だと思っています。自分の売買履歴から売り逃しが多いと判断できれば、もう少し下げた目標株価にしてみましょう。

2、板を見ている
板を見て売買すると理想的のように思えますが、実は大きな落とし穴が。
1000円で利益確定しようと思っていたのに、騰がってくる株価を見ると1020円に売り注文を1訂正。更に騰がってきたら1050円に訂正。もっと高いところで売りたい、もっと儲けたい・・・冷静な判断なら良いですが、カッカカッカしてきたら冷静さを失っており失敗する確率が高くなります。

そうやって注文の訂正をしているうちに株価は反転、今度はどんどん下がっていき結局1000円を大きく下回ってしまうことも。そこで「せめてもう少し戻してから」と保有を決め込むと、どんどん下落、この流れが数日間続くと買値を下回ることも。
株価が騰がる度に訂正していたらいつまでも約定しません(^^;)でも、騰がってくると「もっと騰がるのでは」と思ってしまうのです。

この失敗を少なくするには、取引時間以外で冷静な時に「利益確定したい株価」をしっかり検証します。ここで重要なのは、その株価から更に上昇しても、逆に届かなくても悔いの無いところに設定することです。その後は、そのままほったらかしに。

昔の私は、この失敗しやすい2パターンを繰り返していました。
いつも自分の都合で目標株価を設定。板を見ていたら騰がり続ける度に注文を訂正。前者では目標株価に届く前に下落、後者ではいつまでも約定しないまま下落に転じてしまう・・・これでは、いつまで経っても利益確定できません。売買履歴を見ると損切りばかり(^^;)そんな失敗を数え切れないほど繰り返した経験から、2パターンを無くす努力をしてきました。

助言ではありませんが、利益確定に悩んでいらっしゃる方へ何か少しでもお役に立てれば嬉しく思います。

前日に「勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・好業績銘柄の先取り投資法
~ 決算発表前に買い付ける ~

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」のご説明はhand02[1]こちら
Source: 素人投資家の株日記

スポンサーリンク
おすすめの記事