(米ドル円日足)

東京市場では日経平均株価が下落して始まったもののその後下げ幅を縮小。小幅な下落にとどまったことで底堅い動きが続いた。
その後欧州市場でクロス円が上昇したことでドル円も113円台を回復。一時113円15銭まで買いが進んだ。
その後FRBが来週にも利上げサイクルを休止するとの見方が広がり112円87銭まで押し戻された。しかし、NY株式市場が堅調な地合いで始まるとドル円は再び113円台を回復。NY市場が感謝祭を控え売りが一巡した観もあり一先ず落ち着きを取り戻した。
過度なリスク回避の動きが後退する中でアジアや欧州株式市場で堅調な地合いが予想される。
一目の雲の上限を上抜けしたことでドル円の買いが入りやすい状況とみており、先週末の高値113円60銭付近かフィボナッチ61.8%戻しの113円50銭が意識される。

ドル円予想レンジ:113円50銭(61.8%)~112円80銭(雲の上限)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事