(米ドル円日足)

東京市場で日本や中国株式市場が下落したことでドル円も上値の重い展開で推移。
欧州市場に入るとユーロ円の売りが入りドル円は112円32銭まで下落。その後買い戻しが入ったものの再び112円31銭まで下落。
NY市場ではダウが一時600ドルを超える下げとなるなど三指数ともに大幅下落。リスク回避の動きが強まる中で米長期金利の下げ幅が縮小するとドルが全面高。
ドルの上昇の勢いが円買いを上回るとドル円は112円85銭まで反発。ほぼ高値圏での引けとなった。
世界的な株安でも円は買われにくくなっておりドル円の底堅さが改めて確認された格好だ。
昨日の安値112円30銭近辺のすぐ下には一目の雲の下限もあり、底値として今後意識されそうだ。
明日はNY市場が休場で明後日は東京市場も休場。値動きは狭まると予想されるが112円前半では買いを入れてみる。

ドル円予想レンジ:113円00銭(38.2%)~112円30銭(前日安値)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事