情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
---------------------------------------------------------------------------
niko.gif twitter
@mm333m 
niko.gifメール
---------------------------------------------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に更新しております。

11月21日 水曜日

お知らせ
メールアドレスが「hono」で始まる伊藤様
お時間のある時に一度ご連絡いただけると助かります。

米国株について
米国株は551ドル安の24465ドル。
需給関係の悪化で大幅に続落。午前中は大きく乱高下しながら300ドル安まで下げ幅を縮小させますが、午後に入ると右肩下がり。安値では649ドル安の24368ドルまで売られるところがありました。その後は買い戻されるも上値は限られ、551ドル安で取引終了。

米国株 日中足チャート
181121d.png

米国株 日足チャート
181121d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は2.21%安、ナスダックは1.70%安、S&P500指数は1.82%安。
主要3指数が揃って大幅に下落。

〇S&P500指数業種別
上昇した業種はありません。11業種全てが下落しました。
下落率の高い順
エネルギー、一般消費財、情報技術、資本財、金融

〇ダウ構成銘柄の動向
上昇した銘柄はありません。30銘柄全てが下落しました。
下落率の高い順
アップル 4.78%安、ゴールドマン・サックス 3.47%安、ウォルト・ディズニー 3.08%安、キャタピラー 2.94%安、エクソンモービル 2.84%安

〇経済指標
・10月の住宅着工件数は122万8000戸。
市場予想と一致。9月は120万1000戸から121万戸に上方修正。

・10月の住宅建設許可件数は126万3000戸。
市場予想を上回っています。

〇需給関係の悪化で見切り売りと失望売り
前日に、200日線について書いていました。
----- ここから -----
5営業日200日線が下値抵抗になっていたところから下抜けている為、見切り売りと失望売りが下げに拍車をかける可能性もあり。その場合は24500ドル付近までの下落を想定しています。
----- ここまで -----
この影響が大きかったと考えています。

とくに、経験則を重要視するAI は躊躇なく大口売りを連発させたかもしれません。逆に、大きく下げたところでは大口買いを入れるAI もあったと思われ、午前中は200ドルから300ドルの乱高下になっています。

〇反動安
短期で見ると長期線の割り込みによる見切り売りと失望売りですが、1ヵ月間でみると10月末の24500ドルから11月には26000ドルまで1500ドルも暴騰していますから、この反動安が今起こっていると考えています。

株価が下げているので悪材料はいくらでも指摘できますが、主因は需給関係によるものだと思っています。

〇ナスダックは底割れですが早々に戻す可能性もあり
ナスダックも大きな節目となる7000を早々に割り込んだことで見切り売りと失望売りが出たと考えています。午前中は7000近くまで戻しますが、午後は再び売り込まれてしまい完全に割り込んでしまいました。

大きな節目と前回安値を割り込む展開は嫌気されるものですが、大幅続落で一気に割り込んでいる為、旺盛な押し目買いで大幅反発して早々に7000を回復する可能性もあると考えています。

〇ダウ平均も大幅反発が近い
前回安値となる24500ドルまで下げてきました。いわゆる「往って来い」で嫌気される展開ですが、2営業日で946ドルも下げていますので反発は近いと考えています。

〇次の下値抵抗は24000ドル
反発は近いと考えますが、下げに勢いがついていますから一段安は想定しておきたいところ。次の下値抵抗は24000ドルになると考えています。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は24950ドルで、下値は24000ドルになると考えています。

 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
Source: 素人投資家の株日記

スポンサーリンク
おすすめの記事